HOME >> 安寿の知恵 >>ためしてみよう!香水・デオドラント

 

 

私の母や年配のご婦人からはよく、「最近の香水は香りが昔のものと違う」 という声をよく耳にします。なるほど最近の香水は香料を合成して作られている ものがほとんどですから、天然の自然のままの材料を使った香水に慣れておられる世代の方が、納得いかないのも当然ですね。市販のオーディコロンや香水が気に入らなかった方は、ぜひ自分のお気に入りの香水をつくってみて下さい。

〜 anjuu アンジュー 〜

ためしてみよう! 香水・デオドラント

* 香水のつくりかた *

[材料と道具]

精油(数種類)
無水エタノール(10ml)
ビーカー
攪拌用ガラス棒
10 mlのガラスの遮光ビン

[作り方]

@ ビーカーに精油を入れ、ガラス棒でよく交じり合うように混ぜます。
A これに無水エタノールを加え、さらに混ぜます。
B ビンに移し、しっかりと栓を閉めて冷蔵庫で1ヶ月間熟成させます。
ビンには作った日付とブレンドした精油名を記入したラベルを貼っておきましょう。

[香りのレシピ]

《No.1》 イランイラン2〜3滴 香りが強いので自分好みで精油の量を調節しま す。
《No.2》 スイートオレンジ3滴  ベルガモット8滴  ラベンダー2滴 ローズマ リー・シネオール1滴   ビターオレンジ=果皮2滴 レモン3滴
《No.3》 ペパーミント16滴 スイートオレンジ6滴  ローズマリー・シネオール4滴 ビターオレンジ=果皮4滴
《No.4》 レモングラス10滴  ビターオレンジ10滴 イランイラン1滴

■ ポイント■

※ 初心者の方は好きな精油と無水アルコールのみの香水でも十分に楽しめます.
その際のは無水エタノール1mlに対して精油1滴に割合にし、少しづつ精油を足して精油の濃度を加減していきます。 ブレンドする精油を変えてみたり量を調節してオリジナル香水を作ってみましょう。

* ボディ用消臭剤 *

[材料と道具]

サイプレス、パイン、セージ、ペパーミントを各20滴
ミネラルウォーター50mlまたはウォーター45mlと、無水エタノール5ml
スプレー容器
※ ペパーミントの代わりにレモンやユーカリ・グローブルスが使えます。
※ 足の消臭用なら、セージをラベンダーに替えて同じように使います。

[作り方]

@ スプレー容器に精油とウォーターや無水エタノールを入れ、よく振って混ぜます。

■ ポイント■

※ 使用する前に分離している精油とウォーターが交じり合うようによく振りましょう。
※ 必ず冷蔵庫に入れて保存し、半年以内に使いきってください。
※ レモンは直射日光に当るとシミの原因になりますから、肌が出る部分には使用しないこと。