HOME >> 安寿の知恵 Index
 


 
 からだにいいこと、悪いこと、皆様のお役に立ちそうなお話を随時掲載していく予定です。
少しでも皆様のお役に立てればたいへん嬉しく思います。
オプティマルヘルス  最善の健康状態を目指して
コレステロールと生活習慣病/おなかの調子と健康 

1日に30品目を数えるなんて無理  「マ・ゴ・ワ・ヤ・サ・シ・イ」

からだにいい油と注意したい油
不飽和脂肪酸の働き 
リノール酸の問題点 
細胞膜安定化の鍵はフラックスオイル(亜麻仁油)に多いα‐リノレン酸
タウリンについて 
タウリンについて(2)
こんな症状があったら要注意 『腰痛』 
こんな症状があったら要注意 『肩凝り』 
こんな症状があったら要注意 『むくみ』 

サプリメントの上手な摂り方  『安全性から見た天然と合成』

サプリメントの上手な摂り方 生命の鎖編(2)『高タンパク質食の害』
毛髪分析コラム 
小麦粉加工食品について

夏だ、プールだ。でも塩素は怖い・・? 
お酒に弱いと油にも弱い? 
脂質異常症って何ですか? 
更年期の体重増加を避けるには?
グルコサミンとコンドロイチンの違いって?

 アンジューのオフィスから杏林予防医学研究所は徒歩5分のご近所さんです。
地の利を生かしてという訳ではないのですが、アンジュースタッフは分子栄養学の研修会へ積極的に出席しています。
勉強したことが思い出に変わらないように、お客様へのアドバイスに生かせますようにと、レポートを書いてもらうことにしました。

第11回杏林21の会 「受験に勝つための食事学」 
講師 杏林予防医学研究所 山田豊文先生

第12回杏林21の会 「LGS リーキーガット・シンドロームと腸の健康」 
講師 杏林予防医学研究所 山田豊文先生
第14回杏林21の会 「現代医療を考える(2)」 
講師 杏林予防医学研究所 山田豊文先生
第17回杏林21の会 「ビタミンCと解毒」 
講師 杏林予防医学研究所 山田豊文先生

第18回杏林21の会 「含流アミノ酸と解毒」 
講師 杏林予防医学研究所 山田豊文先生

第19回杏林21の会 「有害物質の氾濫と解毒の重要性」 
講師 杏林予防医学研究所 山田豊文先生
第20回杏林21の会 「あなたの子供を成功に導くCHQの法則ー今月の栄養素 生命の基礎となるリン脂質 レシチン」 講師 杏林予防医学研究所 山田豊文先生
第21回杏林21の会 骨=カルシウム 貧血=鉄 は早計どころか危険あり 
講師 杏林予防医学研究所 山田豊文先生

第25回杏林21の会 「ファスティング ビフォケアとアフタートリートメント 消化酵素の重要性」 
講師 杏林予防医学研究所 山田豊文先生

第27回杏林21の会 細胞から元気になる食事〜あなたを「生かす食事」「殺す食事」
講師 杏林予防医学研究所 山田豊文先生
第28回 細胞から元気になる食事 (2)  
講師 杏林予防医学研究所 山田豊文先生
第30回 レシチン 「水と油をつなぐコーディネーター」  
講師 杏林予防医学研究所 山田豊文先生
第35回 油を変えれば人生が変わる「トランス脂肪酸の問題 第2弾」 
講師 杏林予防医学研究所 山田豊文先生
第42回 肝臓をよくする20のプログラム 
講師 杏林予防医学研究所 山田豊文先生