HOME >> 安寿の知恵 >> Q&A 脂質異常症って何ですか?
Q&A 脂質異常症って何ですか?

日本動脈硬化学会は
動脈硬化性疾病予防ガイドラインを5年ぶりに改訂しました。

動脈硬化症疾病予防ガイドライン2007 その主な変更点は次の通り

@広く普及している高脂血症を「脂質異常症」に置き換える方針を打ち出した。
A総コレステロール値を予防や診察の基準からかずした。
BLDLコレステロール値と、HDLコレステロール値を別々に設定した。

ガイドライン中にある「高脂血症の診断基準」を
「脂質異常の診断基準」に改めた。

1987年:高コレステロール血症の診断基準は総コレステロール220mg/dL、トリグ
リセライド(中性脂肪)150mg/dL、HDL40mg/dLという基準値が提唱され
ましたが、データ不足で日本人でのエビデンスが伴っていませんでした。

1997年:我が国のエビデンスに基づき「高脂血症診療ガイドライン」が発表されまし
た。総コレステロール220mg/dLに相当するLDLコレステロール値として140m
g/dLが提示された。

2002年:「動脈硬化性疾患診療ガイドライン」として改訂版が発表された。ここでは
スクリーニングのための診断基準として総コレステロール220mg/dL、LDLコレ
ステロール値140mg/dLを追認した。

2007年:脂質異常として重要な低HDLも高脂血症とされており、かねてより適切で
ないという声が出ていたので、ガイドライン変更を機に名称を変更することになりま
した。現状で高脂血症を排除するものではなく、これが成人病が生活習慣病に呼称が
変更されたときとの違いでしょう。

脂質異常症の判断基準
1.LDLコレステロール値が140mg/dL以上
2.HDLコレステロール値が40mg/dL未満
3.トリグリセライド(中性脂肪)値が150mg/dL以上


(KPMI予防医学ニュース Vol.224 2007.9.25)