HOME >> ごあいさつ(会社案内)〜通信販売法の表示 >> ショップコンセプト

病院のリハビリテーション科退職後、カイロプラクティックオフィスを開院し、はや16年が過ぎました。
現在はいろいろな症状を持った患者さんが毎日多く来院されています。病態も千差万別で、カイロプラクティックの適応症以外の様々な悩みを相談されることは珍しくありません。

例えば、 冬の時期になると年配のご婦人からは、
「先生、背中が乾燥してかゆくなるんだけど何かいい方法ご存知ですか?」
「かかとのひび割れや水を使うと手のあかぎれがひどくなるけど、どうしたらいいですか?」
「冬になると子供の手が赤紫になってしもやけができるんです。。」etc,etc.

こうした患者さんから寄せられる様々な訴えに対し、即効性が期待できる適応例ではないからすぐには改善は難しいですよと、聞き流すことができない性格のようでした。
最初の質問に対しては、人間の皮脂に一番近いマカダミアナッツオイルをベースに、ローマンカモミールなどの精油をブレンドして塗っていただくだけで皆さん効果があるようです。
かきむしった痕があるような場合は、精油を野生ラベンダーにして、ベースオイルにキャロットオイルとヘーゼルナッツオイルをミックスします。このブレンドオイルも皆さんに好評です。
ひび割れやあかぎれには、「野生ラベンダークリーム」をご家庭でつくっていただくようにおすすめしています。
これはヘーゼルナッツオイルに蜜蝋を入れ湯せんして溶かします。少し冷めてからシステや野生ラベンダーを加えよくかき混ぜできあがりです。

しかし、転勤などで患者さんが引越しをされると困ったことになります。
カイロプラクティックの先生は私どもからご紹介できるのですが、こちらでご用意していた製品は、いったいどこで購入して頂くとよいのか、頭を抱えることがこれまで多々ありました。事実、「使っていた精油などはどうすればよいのですか?」と尋ねられることも少なくありませんでした。

健康維持のために継続して使用したいと願う患者さんの為に、また一人でも多くの方に、リラクゼーションだけではない本格的なフランスのアロマテラピーの魅力が伝えたいと思い、このウェブショップを立ち上げました。ウェブショップでは、他にもこれまで多くの患者様に支持されてきた"癒し雑貨"を選りすぐってご紹介しています。

今後もこのスタンスを変えることなく、実際に多くの患者さんに満足して頂いている商品だけをセレクトして、ご紹介していきたいと思っています。
これからもよろしくお願いいたします。

2003年 Anjuu 荒川善治